熱い鉄研魂を持った新入生の入部を心よりお待ちしております
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冬季旅行会in関東鉄道
本日行われた冬季旅行会で、常磐線の取手駅と水戸線の下館駅とを結ぶ『関東鉄道』を訪ねてきました。

前日の夜に降った雪が残っている中、上野駅に午前7;45に集合。ここから常磐線で取手駅まで行き、あらかじめ購入してある一日乗車券で、関東鉄道常総線に乗り込みます。沿線の風景を眺めながら、水海道駅で下車。隣駅との間にある車両基地へと向かいます。
kantetsu1

車両基地に並ぶディーゼルカー。

旧型気動車を中心に撮影した後、再び水海道駅から下館行きに乗車。三妻駅で下車します。
kantetsu2

三妻⇔南石下間を快走するキハ2200形。

ここでしばらく時間をつぶすつもりでしたが、本数が少ない上に虫が大繁栄しているので早々に退散。終点の下館駅へ向かい、昼食としました。帰りの列車までは2時間ほどあるので、どうするかを相談したところ、『途中にある気になった駅へ行く』という事に決定。黒子(くろご)駅、騰波ノ江(とばのえ)駅、大宝(たいほう)駅をそれぞれ散策してきました。
kantetsu3

古びた(ボロボロとも言う)駅舎が特徴の騰波ノ江駅。雰囲気は良いのですが、台風などで倒壊するのではと思ってしまうほど傷んでいる箇所も。

その後、大宝駅から下館駅まで戻り、集合写真を撮った後水戸線に乗車。小山駅→東北線経由で上野方面へと戻り、浦和・赤羽・上野の各駅(部員の帰宅経路による)で解散となりました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。