熱い鉄研魂を持った新入生の入部を心よりお待ちしております
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
旅行会in伊豆周辺
皆様、お久しぶりです。いつの間にか季節は春へと変わり、桜が花開いております。

さて、23日に伊豆周辺において旅行会を行いましたのでご報告させて頂きます。

まず東京駅にAM7;40に集合。ここから東海道線で熱海へと向かいます。熱海からは各自自由行動となり、伊豆箱根鉄道や岳南鉄道、伊豆急等へ散っていきました。

私は市内見学のために一度小田原まで戻ってから、根府川駅へ。
nebukawa
根府川駅からは海が綺麗に見えます。

再び東海道線に乗り、熱海へ。最終的にはこの区間2往復してます・・・
熱海からはJR東海管内となるため乗り換えがあります。熱海までとは違う雰囲気の駅や車両を眺めながら三島へ。ここから伊豆箱根鉄道駿豆線に乗車します。
izuhako
元西武鉄道の車両。伊豆箱根鉄道は西武系の会社なので、自動改札機が西武と同じ物だったりします。

修善寺まで往復し、また三島から東海道線に。3両編成の普通列車で吉原へ。吉原から岳南鉄道に乗り換えます。
gakuana
元京王電鉄の車両。
岳南鉄道は、周辺に工場やそれに関係する引込線が多く、あたかも専用線のような雰囲気が味わえます。吉原駅で400円のフリーきっぷを購入、1両のワンマンカーに乗り岳南富士岡へ。このフリーきっぷはかなり安いのでオススメです。(土休日のみ販売)

岳南富士岡で待っていたのは・・・・・
aka
元東急5000系『青カエル』改め『赤カエル』が留置されています。
車体はボロボロ、もはや駅の一部と化しています。この車両、東急時代は緑一色でしたが、岳南鉄道入線にあたり赤色へと塗り替えられました。が、緑の上にそのまま赤を塗ったらしく、ところどころで緑が顔を覗かせています・・・・。

いくつか写真を撮ってから、吉原へと戻ります。

余談ですが、吉原駅は岳南鉄道の改札でもJRの切符が購入できます。(上り方面は熱海まで)
ここで購入すると、今では珍しい『硬券』で発行されますので、良い記念にもなります。

吉原からは東海道線の普通列車で熱海まで戻ります。熱海駅に17;10集合。ホームで記念撮影をしてから東京へと帰りました。(熱海→東京が飽きるのなんの・・・・)
スポンサーサイト
冬季旅行会in関東鉄道
本日行われた冬季旅行会で、常磐線の取手駅と水戸線の下館駅とを結ぶ『関東鉄道』を訪ねてきました。

前日の夜に降った雪が残っている中、上野駅に午前7;45に集合。ここから常磐線で取手駅まで行き、あらかじめ購入してある一日乗車券で、関東鉄道常総線に乗り込みます。沿線の風景を眺めながら、水海道駅で下車。隣駅との間にある車両基地へと向かいます。
kantetsu1

車両基地に並ぶディーゼルカー。

旧型気動車を中心に撮影した後、再び水海道駅から下館行きに乗車。三妻駅で下車します。
kantetsu2

三妻⇔南石下間を快走するキハ2200形。

ここでしばらく時間をつぶすつもりでしたが、本数が少ない上に虫が大繁栄しているので早々に退散。終点の下館駅へ向かい、昼食としました。帰りの列車までは2時間ほどあるので、どうするかを相談したところ、『途中にある気になった駅へ行く』という事に決定。黒子(くろご)駅、騰波ノ江(とばのえ)駅、大宝(たいほう)駅をそれぞれ散策してきました。
kantetsu3

古びた(ボロボロとも言う)駅舎が特徴の騰波ノ江駅。雰囲気は良いのですが、台風などで倒壊するのではと思ってしまうほど傷んでいる箇所も。

その後、大宝駅から下館駅まで戻り、集合写真を撮った後水戸線に乗車。小山駅→東北線経由で上野方面へと戻り、浦和・赤羽・上野の各駅(部員の帰宅経路による)で解散となりました。
合宿4日目・5日目
いよいよ合宿最後の日となった4日目。この日は同輩の行程に付いていく事にしました。
宿に別れを告げ、京都駅からJRで大阪へ。昨日乗ったのと同じダイヤでした・・・。
この日は宿を引き払う為、荷物がかなり重いです。大きな荷物を持って行動するのは大変なので、大阪駅でコインロッカーに預けてしまいます。

カメラ等が入ったリュックのみを持ち、地下鉄御堂筋線の梅田駅に向います。ここから天王寺駅まで行きJR阪和線に乗り換えます。首都圏からは消えた103系もまだまだ現役でした。
103hanwa

古い車両を長く使うという面で、関西は素敵な場所です。

普通列車でのんびり鳳駅へ。鳳で羽衣線に乗り換え、東羽衣駅へと向います。といっても一駅しか無いのですが。

東羽衣駅から南海本線の羽衣駅まで歩きます。高師浜線等を撮影した後、岸和田駅へ。ここでしばらく撮影します。
nankai7000

主力車両でもある南海7000形。

30分程撮影した後、今度は羽衣駅の一つ先、浜寺公園駅へと戻ります。非常に素敵なデザインの駅舎でした。設計者は東京駅なども手がけた辰野金吾氏です。次の乗り換え時間の関係上、写真を撮れなかったのが残念です・・・。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%9C%E5%AF%BA%E5%85%AC%E5%9C%92%E9%A7%85
↑Wikipedia『浜寺公園駅』

阪堺電気軌道 阪堺線の浜寺駅前電停まで歩き、恵美須町行きに乗り込みます。阪堺電気は大阪市と堺市をまたいでおり、大阪市及び堺市内のみの利用なら200円、またいで利用する場合は290円と面白いシステムになっています。
hankai

阪堺電気701形

終点の恵美須町電停で降り、地下鉄堺筋線に乗り換えます。二駅先の長鶴橋駅で降り、今度は地下鉄長堀鶴見緑地線に乗り換えます。日本で初めてリニアモーターを採用した地下鉄でもあり、やはり他の車両に比べると車内は狭いです。
谷町六丁目駅→地下鉄谷町線→谷町四丁目駅→地下鉄中央線・近鉄けいはんな線→生駒駅と乗り継ぎます。生駒駅は、地下鉄ばかり乗っていたため久しぶりの地上駅でしたが、なにやら曇り空で天気が心配です。

生駒駅から近鉄奈良線で鶴橋駅へ。ぐるっと回って戻っていますね(笑)
途中の石切駅→瓢箪山駅にかけては、眼下に大阪平野を一望でき、とても良い眺めでした。

鶴橋駅で地下鉄千日前線に乗り換えて、阪神電車を撮るために野田阪神駅へと向います。阪神野田駅まで歩き(駅名を野田に統一してしまえばいいのに・・・)普通電車で有名撮影地の大物駅へ。大物駅でしばらく撮影します。

hanshin

大物駅に到着する阪神5000形。

先ほどの曇り空はどこへいったのか?すっかり晴れました。

大物駅から阪神電車で魚崎駅へ。普通列車だったので、意外と長く感じました。魚崎駅からポートライナーに乗りJR神戸線の住吉駅へ。またまた有名撮影地の塚本駅へと向います。快速に乗り込みましたが、塚本駅は通過なので尼崎駅で普通列車に乗り換えます。ここも阪神電車で来たルートを戻っている事になるのですが、阪神よりもJRの方が速く感じました。

塚本駅に着き、撮影を開始するも夕暮れ時。ブレがひどくなるので、そうそうに切り上げ集合場所である大阪駅へ向います。

JRW321

JR西日本321系

大阪駅でお土産を買い(土産物屋が見つからず、KIOSK系の店で済ませてしまいました。後で同輩が教えてくれましたが、大きな土産物屋もあったそうです・・・)荷物を回収しますが、集合時間まではまだ2時間ほどあります。地下鉄などに乗っていようかとも考えましたが、そろそろラッシュの時間なので断念。近くの本屋で閉店時間になるまで時間を潰していました(笑)

集合20分前くらいに集合場所であるホームに行くと、意外に皆そろっていました。いろいろしている内に、復路、寝台急行『銀河』が到着。記念撮影をしてから乗り込みます。

お喋りしている内に夜は更け、寝たのは1;30くらいだったと記憶しています・・・・・・・・・


=============================
5日目の朝。起床したのは横浜駅辺り。一気に現実に引き戻されます(宿題とか宿題とか宿題とか)。数十分後、『銀河』は東京駅に到着しました。

部員全員が降り立った後、顧問の先生のお話を聞いてから解散となりました。

sleepingexpginga

東京駅到着後に写真を撮るのを忘れてしまったので、0日目に撮影した『銀河』です・・・。



こうして2007年度の合宿は無事終了致しました。

なお、文化祭のパンフレットには、別の報告記を掲載する予定です。お楽しみに。
合宿3日目
今日は神戸・粟生・福知山等をぐるりと回ってくる行程です。

京都駅8;17発の快速姫路行きに乗車。三ノ宮駅で地下鉄西神線に乗り換えて湊川公園駅へ。ここから今日のメイン、神戸電鉄に乗り込みます。

神戸電鉄は勾配が非常にきついことで有名です。地下駅である湊川駅を発車すると、すぐに地上に顔を出しますが、早速急勾配の連続です。
『鵯越』(ひよどりごえ)『鈴蘭台』など、綺麗な駅名も多いです。

それにしても凄い路線です。神戸からあまり離れていないのに、既に左右は木が生い茂り、既に山岳路線の様相を呈しています。この面白さは関東平野を走る私鉄では楽しめないでしょう。休止中の菊水山駅も、降りてみたいですが、もう再開される事はないでしょう。

sintetsu1

有馬温泉駅。

湊川→有馬口→有馬温泉→有馬口→鈴蘭台と往復し、鈴蘭台駅周辺で撮影タイムとしました。

shin1500

かなり古い部類に入る1500形。

shin3000

渾名は『ウルトラマン』のアルミカー3000形。

shin5000

最新鋭の5000形と1300形。

同輩と談笑(?)しながら、しばし撮影した後、粟生線で粟生へ。こちらは単線区間があったり、田園風景があったりと非常にローカルな路線でした。

粟生からJR加古川線に乗り換え、谷川へ。ここまで来ると、もうかなり相当ローカルです(笑)谷川駅から福知山線で福知山へ行き、特急きのさき8号に乗り換えます。料金を安く抑えるため、途中の園部駅で下車。普通列車に乗り換えのんびりと京都へ向います。途中からは混雑し、車窓が見れなくなったので睡眠(笑)。起きたら京都の一駅手前でした。
合宿2日目
昨日の夕方に着いたので、初めて迎える京都の朝。
今日は福井まで遠征します。

6;00に起床、朝食を摂って8;00にホテルを出発。京都駅8;15の新快速敦賀行に乗車。『湖西レジャー号』という愛称がついていました。
日曜日という事もあり、車内はなかなかの混雑。

敦賀駅に9;50着。ここで福井行に乗り換えますが、発車するホームは到着ホームの遥か彼方。皆様、降りたら即DASH!!!
3分乗り換えの筈ですが、新快速が遅れていたようで急がないとマズそうな雰囲気・・・。
私達は間に合いましたが、中には間に合わなかった方も居た様で・・・。閉扉後、駅員の指示で再度開扉・・・。本数が少ないからこその光景です。

455

ちなみに福井行は急行色の475系でした。2ドア・デッキ付きの古い車両ながら、北陸トンネル内では120km/hで爆走していました・・・。

30分程で武生駅に到着。ここで福井鉄道に乗り換えます。
福鉄の武生新駅はJR武生駅と若干離れているので歩かなくてはならないのですが、駅前にはなんの案内も無く・・・。
改札口にいた駅員さんに道順を教えて頂きました。深~く御礼申し上げます。
3分程歩き、武生新駅に到着。土日祝日及び福鉄指定日のみ発売のフリーきっぷを購入し、改札内へ。もちろん自動改札など無く、いかにも地方私鉄の終端駅といった雰囲気です。
hukui1

併用軌道区間用のステップが異彩を放つ、200形。最近急行色に塗り替えられた話題の車両です。残念ながら15;20まで動かないとの事でした。

田原町行きに乗り込み、三十八社駅で下車。しばし撮影します。ここも非常に小さな駅でした。
hukui2

名鉄から譲渡された880形。

当初は1時間撮影する予定でしたが、あまりの暑さに予定を繰り上げ30分程で再び福鉄に乗り込み、木田四ツ辻電停へ。福井方面行の電車は、ここから併用軌道区間に入ります。

hukui3

木田四ツ辻電停にて、自動車と並ぶ880形。

ここでもしばらく撮影した後、福井駅前電停へ。JR福井駅で昼食を摂った後、武生新駅まで戻り、JR武生駅から敦賀行に乗って鶴賀へ。
583

元583系特急電車を改造した419系。外板を見る限りでは老朽化が大分進んでいました。

敦賀駅で特急雷鳥34号に乗り換え、京都へと戻りました。
合宿1日目
大変遅くなってしまいましたが、合宿1日目のレポです。


名古屋に到着すると、各部員は個別行動をなりますので、ここからは私の行程に沿ってレポいたします。
この日は地下鉄巡りをしてから京都へと向う行程です。

名古屋駅から地下鉄を乗り継ぎ上小田井駅へ。
市営地下鉄の車両を撮りたかったのですが、名鉄車の方が多い・・・。
metetsu

どちらも地下鉄直通ですが、真っ赤な車両が並ぶという・・・。

metetsu2

やっと来ました。青い帯の市営地下鉄車。

しばらく撮影した後、再び地下鉄に乗り藤が丘へ。そこからLinimoに乗り込みます。
linimo

リニアモーターで浮上して走るだけあり、非常に静かで驚きました。
ホームが全面ガラス張り(?)で写真が撮りにくいのが難点でしょうか・・・・。

再び藤が丘から地下鉄に乗り、名古屋駅へ。ここからJR関西本線で京都を目指します。
快速みえ号に乗り込み、寄り道するため一つ目の停車駅、桑名で下車。そこで近鉄線に乗り換えます。そして近鉄冨田で下車。近鉄冨田で接続している、三岐鉄道を撮影するためです。
sangi

sangi2

どちらも元は西武鉄道の車両で、現在の三岐線の主力車両です。
途中駅まで乗車してみましたが、かなり揺れます。車両はかなり古いという訳では無いので、線路の状態が悪いのかもしれません。

再び近鉄線に乗り込み、近鉄四日市へ。JRの四日市までバスで行き、再び関西本線に乗り込みます。

ここから亀山行き、加茂行きと乗り継ぎ柘植へ。柘植から草津線に乗り換え草津へ。首都圏からは消え去った、湘南色の113系も現役でした。

草津まで来ると、もう京都はすぐそこです。
223

宿まで歩き、長かった一日目は終了しました。
合宿終了&0日目レポ
特に大きなトラブルも無く、2007年度の合宿は終了しました。

後は文化祭に向けてまっしぐらです。。。


管理人も宿題に追っかけまわされているので、とりあえず0日目のレポのみ投稿しておきます・・・・。


合宿0日目
いよいよ鉄研のメインイベント(?)夏季合宿が始まりました。
今年は、24日夜~29日朝の日程で、古都、京都へ。
ただし、当学校の合宿は、4泊5日が限度。今日はムーンライトながらに乗る23:10からの50分しか行動しないので日程に数えず、明日からの4泊5日を有効に使えるようにしています。

東京駅に22;30に集合します。
当然のことながら、家を出発する時には真っ暗です。

ガラ空きの地下鉄に乗って東京駅へ。いやでもワクワク気分です。

若干遅刻した部員がいましたが、ほぼ定刻通りに全員集合。

10番線からムーンライトながらに乗り込みます。
リクライニングを目一杯倒して、就寝準備完了!
後は眠気を待つだけ・・・のはずが全然眠れず。
結局快眠できず、うつらうつらした時間を合計しても1時間には満たないでしょう・・・。元々、室内灯が消えないので眠れないのも無理はありませんが。
mlnagara

浜松駅の長時間停車を利用して、同じく眠れない部員(大多数)がうろうろ。

kamotsu

真夜中の東海道本線は、貨物王国です。
停車中にもひっきりなしにコンテナを積んだ列車が通過していきます。


眠れない部員達を乗せて、列車は一路大垣を目指して走り続けます・・・・・。
合宿予告
今夜から29日にかけて、合宿を行います。

今年の行先は京都です。


行程としては、
0日目(24日夜)快速ムーンライトながらにて東京を出発。(中Ⅱ以上の部員のみ)

1日目(25日)名古屋駅到着後、各自自由行動。その後京都の宿泊先へ。

2日目(26日)各自自由行動

3日目(27日)各自自由行動

4日目(28日)各自自由行動。のち大阪駅に集合し、急行銀河にて東京へ。

5日目(29日朝)東京到着。


といった感じです。
中Ⅰの部員のみ、往路はムーンライトながらではなく新幹線を利用して25日に合流します。これは騒音問題を考慮した為です(何


レポートは合宿終了後に作成する予定です。
新入生歓迎旅行会in銚子
29日に新歓旅行会を行いました。
行先は今話題の銚子電鉄です。


朝7;40に東京駅へ集合。眠そうな顔の部員が徐々に集まって来ます。
なかには、私が地下鉄の中で送ったメールで起床した。なんていう部員も・・・。ギリギリで間に合ってましたが。

その後、地下ホームへ降り、8;10発の総武快速線の成田空港行へ乗り込みます。
約1時間20分後、成田に到着。
ここで銚子行きの普通に乗り換えます。

ここらへ来ると、電車に揺られる事に飽きてくる部員も・・・。

そうこうしている内に銚子に到着。
メインである銚子電鉄に乗り込みます。ここからは何人かにわかれて別行動となりました。
tk-tyosi1

青空の下、水色になった1001号車が走る。

tk-tyosi-2

まるでジャングル・・・。


この後、銚子駅へ集合して特急しおさい14号に揺られて東京へと帰り、東京駅で集合写真を撮って解散となりました。

特にトラブルも無く、新入生同士もうちとけた様ですので一安心です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。